トップページ > 保育の特色 > ももの木の「あそぶ」

ももの木の「あそぶ」

ももの木保育園では、「たべる」・「ねる」・「あそぶ」を大切にしています

あそぶ・遊ぶ

水や土の刺激が皮膚の感覚を通して、幼い子どもの脳に送られることの重要性が医学的にも教育心理学的にも叫ばれています。
水・土の刺激をたっぷり受けた子どもは自律神経がたくましく育ちます。

薄着で戸外の風に当たり、水どろんこで遊ぶ
└→ 自律神経がたくましくなる
└→ 虚弱な体質、アレルギー体質、ぜんそくなどの改善が見られます。

ももの木保育園では、
豊かな自然の野山を駆けめぐりながら、体全体を使ったダイナミックな遊びの中で、子供たちのたくましい足腰を作っていきます。

ももの木保育園の「あそぶ」とは?恵まれた大自然の中で刺激された子供は、自律神経がたくましく育ちます

現在のページは
ももの木保育園 Top > 保育の特色 > ももの木の「あそぶ」】です。
 

ももの木保育園は、さくら・さくらんぼ保育園の創設者・斎藤公子(さいとうきみこ)の保育論に感銘を受け,1984年・幸田町に創設しました。
〒444-0115  愛知県額田郡幸田町 大字荻字流レ石29  電話:0564-62-2390  FAX:0564-62-0400
TOPへ入園案内児童デイサービス職員募集 メールrss2.0サイトマップ