トップページ > お知らせ

お知らせ

ももの木保育園の行事などの「一般開放」、メディア等の記事掲載、ももの木アンケート等などの情報です。

お知らせの一覧

園庭開放のお知らせ
ももの木保育園の園庭解放のお知らせです。 次回開催日決定! 2012年9月26日...
Openももの木(保育園開放・見学会) 8月5日(木) 終了しました
OPENももの木(保育園開放日・見学会) 終了 日時 8月5日(水) 9:30~...
ももの木保育園での6年間が、人生の土台になって
ももの木保育園で卒園を迎えて■季節を感じる歌やあそび、バランスのとれた食事、けんかしたり、力をあわせたりする仲間や、やさしく見守る大人たちにかこまれて子供らしく
オランダからインディアちゃん来日
ももの木保育園にオランダからインディアちゃん来日。オランダでのリズム遊び(斎藤リトミック)。斎藤センター。オランダの映画祭の音楽部門で銅賞を受賞。
自分の子供時代と重ね、僕自身が勉強になった~園児の親より
今思えば永谷ご夫妻にお世話になって、「ももの木保育園は素晴らしい環境の保育園だよ」と教えていただいて、ももの木保育園を見学に来ました。
野山を駆け回り、外で遊んでいる~卒園児の親より~
ももの木保育園の卒園式より。親からのメッセージ。私が最初に ももの木保育園を知ったのは妻の誘いがあったからです。私としてはそんな遠くの保育園に行かなくても近くの保育園でいいんじゃないかと・・
ももの木の方針にかけてみようかな
ももの木保育園への入園の動機は?■医者(病院)で進められたリハビリ・福祉施設に通っていました。今まで半信半疑でやってきた事よりも、ももの木の方針にかけてみようかな・・・と思い入園しました。
豆まき風景・中日新聞
ももの木保育園、節分・豆まき風景(中日新聞・平成19年2月2日掲載)。園児ら元気に「鬼は外」。
中日新聞「NPO最前線」に掲載
愛知県額田郡・幸田町「ももの木保育園」。07年2月12日、中日新聞「NPO最前線」に記事掲載されました。
月刊リサイクル9月号に掲載
月刊リサイクル9月号に掲載・ももの木保育園の掲載記事。ロールマット。体の脱力と血行を良くする運動ほか
子育てを通して、親も共に成長できる
ももの木保育園の入園動機は?斎藤公子の保育に感銘を受けたから。入園して良かった事は?大人が子供に指示する言葉が少ない(子供に考えさせる)
子供の挑戦に、できるまで待ってあげられるようになった
子供がたくましく育ってくれたこと。のびのびと遊べたこと。親自身、生活全てから見直し大切なもの、大事なことを優先することができるようになったこと。子供の挑戦することに対して・・・
カリキュラム的な方針に疑問を感じていました
子供をのびのびと教育してもらえる保育園を探していました。また、上の子を近くの保育園に通わせている時から、カリキュラム的な方針に疑問を感じていました
子どもが毎日、自然の中で仲間たちと楽しく過ごせている
子どもが毎日、自然の中で仲間たちと楽しく過ごせている。子どもを見守る保育士や親、年上の子が年下の子とのふれあい、手作りの食事、自然環境など,
体まるごとで遊ぶ幼児期を過ごさせたかった
ももの木保育園への入園の動機は?入園して良かった事は?生活そのものが遊びになり、すでに3人の息子を卒園させていますが、幼児期に頭だけで育った子供との違いを見た時です。
子供にとって一番必要で環境が最適だ
斉藤先生の保育が、そういう足にも良い事が入園してから分かり、やっぱり早く入園すれば・・・
ももの木保育園パンフレット
ももの木保育園パンフレット■このパンフレットは、独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成事業によって作成しています。
さくら・さくらんぼ保育園の記事をみて
「さくら・さくらんぼ保育園」の記事をみて、こんな保育園が近くにあったら子供を入れたいなーと思っていました。
中日新聞のホームニュースで
ももの木保育園への入園の動機は?中日新聞のホームニュースで知り、遊ぼう会に参加して環境の良さとリズム体操にひかれました。
長男がシックスクールになって
大自然の中で、子供の事を第一に考えてくれる保育を体験し感激しました。出会ってすぐに年長だった長男がシックスクールになって、転園するならももの木保育園と決めていました。
保育園の職員募集
ももの木保育園では、保育園で一緒に働いてくれる職員の方を募集しています。【求人案内】保育士・調理師などの経験は不問です
 

ももの木保育園は、さくら・さくらんぼ保育園の創設者・斎藤公子(さいとうきみこ)の保育論に感銘を受け,1984年・幸田町に創設しました。
〒444-0115  愛知県額田郡幸田町 大字荻字流レ石29  電話:0564-62-2390  FAX:0564-62-0400
TOPへ入園案内児童デイサービス職員募集 メールrss2.0サイトマップ