『さくら・さくらんぼ保育園』の創設者、斎藤公子の保育論に感銘を受け1984年幸田町に創設。

はと組さん(二歳児)の魚食べ自慢♪

はと組さん(二歳児)の魚食べ自慢♪

水曜日。 
今日は尾頭付きの魚の日。

K君の魚の口の中に、
小さな魚が入ったまま、
給食さんで料理されて出てきました。

S君、
「S、いるか食べた。おっきいの。」

続けて・・・
I君、
「I、金魚食べたことがある。こんな(手を広げて)」

Kちゃん、
「K、めだか食べた。おっきいのとちいさいの」

K君、
「K,くじら食べたことある」...

話を聞きながら、
Oちゃんは、魚の目玉を食べ、

R君は「大きい魚」とひとこと言って、
目玉をほじって出し、ひたすら身を食べ、
(転がった目玉はほかの子が食べ)

Y君は「水飲んじゃった」と言って、
マグカップに手でふたをしているのでのぞくと、
残っていて「あった!!」と見せてくれました。

楽しいはと組さんです。

散歩ではかくれんぼがブームだそうです。

担任のゆきちゃんが近くに行くと、
見つける前に「ばぁー」と出てくるか、
「ここだよ」と自己申告して楽しんでいるそうです。
画像の説明
(ももの木だより 2014年7月号より 園長)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional