『さくら・さくらんぼ保育園』の創設者、斎藤公子の保育論に感銘を受け1984年幸田町に創設。

新入園2歳児0歳児母のIさんにインタビュー

新入園2歳児0歳児母のIさんにインタビュー

はと組(2歳児)&ひよこ組(0歳児)母、
Iさんにインタビュー♪(´▽`)/

✩最初にももの木のことを知ったのは?
→通っていたベビーマッサージの講師から聞いて、永谷夫妻の赤ちゃん講座に参加しました。

✩その時の印象は?
→ハイハイの大事さがよく分かりました。
また、今まで、おくるみなどでの「まるめる育児」を学んでいたのですが、ここは、
「(背骨を)のばす育児」だと聞き、今までの常識と全然違うのでビックリして、もっと知りたくなりました。

どちらも、めざすところは同じで、
「からだの余分な力を抜いて、ゆるめる」
というところにあるのかなと思っています。

✩体験入園はいかがでしたか?
→だんなを説得したくて、だんなと一緒に参加しました。
ですが、0歳の弟も一緒だったので、バタバタしているうちに終わってしまいました。
給食がおいしかったことは覚えています。

✩入園しようと考えたポイントは?
→自由で、制限がないところ、というか、制限はあるんだけど、子ども達自身は、制限されていると気づかないように大人が見守っているところがよかったです。

ふつうのところは、怪我をしないようにいろいろ制限されているでしょう。
うちの子は、ふつうのところではみきれないないのではないかというほど、わんぱく。

危険を知らないのは、却って危険。
いつかとりかえしのない大怪我をするんじゃないかと
心配でした。
  
自由でのびのび、自主性を大事にするところがももの木保育園の魅力です。

以上、I母さんのインタビューでした♪(一部抜粋)
森の中という見た目の環境ではなく、
保育の中身を見抜いたうえでの入園の決断、
すてきです(*゚▽゚*)

(学童母H)

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional