『さくら・さくらんぼ保育園』の創設者、斎藤公子の保育論に感銘を受け1984年幸田町に創設。

新入園1歳児母Eさんへのインタビュー

新入園1歳児母Eさんへのインタビュー

2014年7月に入園した、1歳児母Eさんにインタビュー♪(´▽`)/

✩最初にももの木を知ったのは?

→吉村医院に置いてあったパンフレットです。
その後、吉村医院のバザーで、
ももの木のS母さんとお話する機会がありました。

私だけがこの子の相手をしているのは申し訳ない、子ども同士のかかわりあいの中で育った方がいいかなと思っていたところ、S母さんが、「早いほうがいいよ!」と言っていて、素直なのでそれをすぐ信じて(^O^)すぐ体験入園を申込みました。

✩体験入園はいかがでしたか?

→本気の自然だ!!と思いました。
自分が連れて行くのは、公園という限られた自然。
本気の泥遊び、おとなも本気。
それが印象でした。

それと、新任の保育士Aさんが「一目惚れで、ここで働きたいと思った。」と、おっしゃっていて、ここで働きたいと思っている人が集まって働いているところで、自分の娘を育てたいと思いました。

あと、面接のとき「O父さんと、F父さんが、長年いる方なのに、全然上から目線ではなく、同じ目線で話をしてくれたのがすごくよかった」と、夫は言っておりました。

✩入園したいと思いつつ、迷ったことはありますか?

→両家の親があまり賛成ではなかったところです。
みんなに賛成されて入園したかった…。
みんなにいいカオしたかった…。   

✩その迷いをどう乗り越えましたか?

→夫が「いろんな意見があるのは当たり前。
そのうちに考えがかわるかもしれないし。
(祖父母ではなく、)親が決めればいいこと。」
と言ってくれまして。

✩だんなさまと仲良しで、よく会話をされるんですね!
→妊娠中に、夫と「テレビをやめよう」と決めました。
夫婦の会話が、テレビの感想だけになってて、テレビを見て時間が過ぎていってしまうのがもったいないと、、、。

もともとキャラクターものもあまり好きではなく、世間では話が合わない…
ももの木に来たらすごく居心地がいいです♪

✩入園して半年が過ぎました。
今思う、ももの木保育園の魅力はなんですか。

→20代の頃、一人旅をしていたのですが、
それと同じように、毎日刺激をもらえるところです。
どこかに行かなくても、
魅力的な人たちがいっぱい!

運動会もよかったです。
他の園では、写真をとるため、いい観覧席を確保するために、早朝から並ぶこともあるようですが、ここは、その真逆!!

石を拾い、土をふかふかにし、ピアノやその他器具を運ぶために、早朝から集まる父さんたち!!

そういった、子どものための働きや、リズム遊びなど、大人がまじめにやっている姿を子どもたちに見せられるのは、すごくいいなあっと思います。

我が子の変化は、まず、葉もの野菜が食べられるようになりました!
たくましくなりすぎて、かわいさが。。。。

自分の気持ちはすごくラクになりました。
両方の祖父母が近くに住んでて、大人の中で育った。
それはもちろん、恵まれていて、とても幸せなことだと分かっているけど、そこらじゅうから(お世話してくれる)手が出てくる環境から出してあげたかった。

以上、E母さんのインタビューでした(^O^)
(学童1年生母H)

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional