『さくら・さくらんぼ保育園』の創設者、斎藤公子の保育論に感銘を受け1984年幸田町に創設。

夏の名残と秋の入口の日の給食メニュー

夏の名残と秋の入口の日の給食メニュー

ももの木保育園の山にも急にトンボが増え、
秋の気配です。

画像の説明

9月2日の給食は、夏の名残を惜しむような
夏野菜のラタトューユに、
秋の入り口を楽しむような根菜やきのこのお味噌汁。
ねぎもたっぷり入れて、夏にいっぱい水遊びして
冷えた身体を温める方向へ。

メインは、魚のすり身揚げ(ゴボウ、人参、枝豆)、
ごはんは梅干しと塩昆布の炊込みごはんでした。

ラタトューユは、はと組さん(2歳児)用には
油は使わず、野菜のお出しでコトコト蒸し煮風。

三歳児以上には、オリーブ油で、玉ねぎ、ズッキーニ、
ナスを炒め、ざく切りトマトを入れら極楽塩をパラリ。
あとは蓋をして、野菜の水分だけで煮込みます。

塩の力だけで、野菜の甘いこと‼︎

今回はこれに、パプリカのベーコン炒めと
蒸しカボチャを最後に合わせました。

たくさん遊んで、いっぱい食べたあとの、
みんなの可愛いお昼寝姿を見るのが、
給食係の日の秘かな楽しみです^_^。

画像の説明

これぞ大の字。年少さんのお昼寝風景。

画像の説明

おしゃべりしながら寝たのかな? 
という風景の年中さん。

画像の説明

いつもは賑やかな年長さんもぐっすり♪

沢山寝て、起きたら、またたっぷり遊んでね!

給食係 年中Sの母

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional