『さくら・さくらんぼ保育園』の創設者、斎藤公子の保育論に感銘を受け1984年幸田町に創設。

新入園0歳児母Iさんへのインタビュー

新入園0歳児母Iさんへのインタビュー

4月に0歳児クラスに入園したAくんのお母さんにインタビューしました~
             

Q最初にももの木のことを知ったのは、なんでしたか?

天外伺朗(てんげしろう)さんの「生きる力の強い子を育てる」を妊娠中の夏に読み、斉藤公子の保育が紹介されていて、絶対子どもが生まれたら、ここの保育で育てたいと思い、ネットで斉藤公子、保育と検索したら、幸田のももの木保育園がヒットし、
出産三日前にオープンももの木に夫婦で参加しました!

Q入園前にホームページは見ましたか?

見ました。

写真をみるだけでもとてもよかったのを覚えています。

赤ちゃんは、パンツで過ごします!という文章に目が行きました(笑)
                 
Q入園しようと思ったポイントは何ですか?

オープンももの木での在園児のリズムをみて、ここは、間違いない!と思った。

子どもたちの笑顔、動き方、元気でキラキラしていた。

園長のけいちゃんが、とても丁寧でこまやかな対応をしていて、そこにも惹かれた。

「こんな子に育ってほしい~」という姿がそこにあった。

子どもを徹底的に遊ばせたいと夫婦で感じていたので、それが実現できる保育園だと思った。

この保育園は、一番大切なものをハートに持っているなぁと思った。

Q入園に迷った点は?

迷いはない。                 

Q入園に熱心だったのは誰ですか?

夫婦ともにです。

とても明るいA君のお母さんにインタビューをさせていただきました。
ありがとうございます。

皆さんも、興味があれば、Aくんのお母さんが読まれた天外伺朗さんの「生きる力」の強い子を育てる(飛鳥新社)
http://www.asukashinsha.co.jp/book/b94523.html
をお読みになられるとよいかもしれませんね~♪

(未満児Mの母)

画像の説明

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional