『さくら・さくらんぼ保育園』の創設者、斎藤公子の保育論に感銘を受け1984年幸田町に創設。

新入園3歳児母Hさんにインタビュー

新入園3歳児母Hさんにインタビュー

新入園3歳児母Hさんにインタビュー

Q.最初にももの木保育園を知ったきっかけは?
A.子どものことで悩んでいる頃、夫の母より、『お母さんにも子どもにも良い保育園があるよ』と教えてもらいました。

Q.体験入園時にどのようなことを感じましたか?
A. 子供の意思を尊重して、見守る保育士さんの姿が印象的でした。
 放任という感じではなく子供の出来ることやこれから出来るようになってほしいこと、危険なことを見極めて接しているように感じました。
 また野菜たっぷりの給食とそれをバクバク食べる園児に驚きました。

Q.入園しようと考えたポイントは何ですか?
A. 体験入園の一日だけで、子どもの様子に変化がありました。一番大きな変化は、遊び食べをしてしまい、座って食べられなかった子が、
 体験入園後、ももの木流の食べ方を家で実践してみたら、遊び食べをすることなく座って最後まで食べるようになりました。

Q.入園したいと思いつつ、迷いましたか?
A. 迷った

Q.迷った理由は何ですか?
A. 距離が遠い

Q.その迷いをどう乗り越えましたか?
A. 迷ってても仕方ないし、この保育園に入園させなかったら絶対後悔すると思いました。

Q.入園してから子どもに変化はありましたか?
A. 食事の面では、いろんな野菜を食べられるようになり、食べる量も格段に増えました。
 自分で出来ることも増え、早寝早起きが身に付き、生活リズムも整ってきました。
 入園当初、泣いてばかりで心配しましたが、今では自分から泥んこに飛び込み、毎日キラキラした遊びきった顔で帰ってくるようになりました。

Q.入園してみて、ももの木の魅力は何だと思いますか?
A. ここでしか出来ないことがある場所  ここでしか出来ない体験・保育・環境など。
       ここにしかないことが魅力だと思います。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional